建築・芸術

コース

検索結果:1
Cambridge Science Festival
ケンブリッジ・サイエンス・フェスティバルは、一般的に毎年3月に開催される「科学の祭典」です。 ケンブリッジ大学の研究者と学生は、講義室と研究所を一般に公開し、講演、展示会、デモンストレーションを開催します。 ケンブリッジ サイエンス フェスティバルの目的は、ケンブリッジ大学で行われた研究を紹介し、若者に科学と工学をより身近なものにし、工学のキャリアを追求するよう奨励することです。 ケンブリッジ サイエンス フェスティバルの4つの主なテーマは、科学、芸術、人文社会科学の部門において、「社会」、「健康」、「環境」、「発見」です。 「グローバル教育」― 視線を広く世界に向ける人材育成プログラム  ダーウィンの種の起源「進化論」、ニュートンの万有引力の法則、DNA発見者ワトソンとクリックの所縁の地など、世界の科学の発祥の地、科学の最先端をゆく「ケンブリッジ」を満喫! 生命科学の分野は多岐にわたり、医学から、農学、水産学、生物学、理学、心理学など、多くの学問分野が属する。物質科学に対する学問領域であると考えられがちであるが、生命科学と物質科学の境界は極めて曖昧模糊である。受講生は、自然科学という客観性を追求するテーマのもとに、ケンブリッジ市街にある大学博物館や大学植物園、自然博物館など、ケンブリッジ大学の様々な施設を利用、また、ケンブリッジ サイエンス フェスティバルに参加し、自然科学についての知識を深める。 自信と誇りを持って主体的に自らが世界を牽引し、新しい時代を切り拓く発想力・冷静かつ大胆な思考力・リーダーシップを発揮できる人材が一人でも多く生まれていくことを望みます。
高校生
中学生
小学生
日本語
英語
自然科学
生物資源・農学

プログラム

検索結果:1
ケンブリッジ大学 留学プログラム
学士
一般
高校生
日本語
英語
データサイエンス
ビジネス・経営

多彩なオンライン教育と国際戦略コンテンツ

検索結果:3

留学生応援特別ボックスコンテンツ

検索結果:11
Interactive Computer Graphics
Computer graphics can be a powerful tool for supporting visual problem solving, and interactivity plays a central role in harnessing the users' creativity. This course will introduce various interactive tools developed in computer graphics research field with their design rationales and algorithms. Examples include enhancements to graphical user interfaces, authoring tools for 2D drawings and 3D animations, and interactive computer-aided design systems. Rich live demonstrations and course assignments will give you insights and skills to design and implement such tools for your own problems.
その他
建築・芸術
一般
英語
東京大学
東京大学「学術俯瞰講義」
学術俯瞰講義では、学問領域の全体像はどうなっているのか、どのように有機的につながっているのかを学ぶ場となることを目指しています。 学術俯瞰講義は、学問の入り口にいる大学1,2年生の皆さんが、「知」の大きな体系や構造をより広い視点から見ることにより、それぞれの学問領域の全体像はどうなっているのかそして学問領域同士はどのように有機的につながっているのかを学ぶ場となることを目指しています。 「知」が増大し、複雑に絡み合っている現在、あなたの進もうとしている学問分野が思いがけない分野と交わっているかもしれません。 文系、理系、という枠にとらわれず、色々な分野に足を踏み入れてみましょう。
日本語の必要語学レベル:指定なし
その他
自然科学
学士
日本語
東京大学
関西学院大学の学びの紹介
「ひとつの言葉からさまざまな世界が見えてくる」。トレンドワードを切り口に各学部の学問や研究について知ることができる動画シリーズです。
日本語の必要語学レベル:中級2(N2/B2)
模擬授業
自然科学
学士
修士
一般
日本語
関西学院大学
Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory
This series will explore four facets of contemporary Japanese architecture; theory, technology, city, and humans. It will also span five generations of architects since Kenzo Tange. Through lectures by instructors and discussions with the most influential Japanese architects, the course will trace the development of contemporary Japanese architecture and will consider its future direction. In this first course, we will focus on one of the four facets of Japanese architecture: theory. The theory portion will feature discussions with architects who played a significant role in influencing the development of theoretical frameworks that contributed to guiding contemporary Japanese architecture. Terunobu Fujimori, Arata Isozaki, Hisao Kohyama, Kengo Kuma, Hidetoshi Ohno, and Kazuyo Sejima will visit their buildings and discuss the ideas behind their respective works.
日本語の必要語学レベル:指定なし
その他
建築・芸術
一般
日本語
東京大学
Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Technology
This is the second course of “Four Facets of Contemporary Japanese Architecture” series, with the focus on the second facet: technology. The technology portion will focus on works by architects who explored the use of technology—from techniques used for traditional crafts to computational processes—as a vehicle for their investigations into the conceptualization and production of architecture. Tadao Ando, Shigeru Ban, Manabu Chiba, Kengo Kuma, Kazuhiko Namba, and Yusuke Obuchi will visit their buildings to discuss the ideas behind their respective works.
日本語の必要語学レベル:指定なし
その他
建築・芸術
一般
日本語
東京大学
Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: City
This is the third course in the “Four Facets of Contemporary Japanese Architecture” series, which focuses on the third facet: city. After the 1970s, Japanese architects are said to have stopped conceptualizing cities and instead focused on designing the individual buildings that make up the cities. However, as cities continue to undergo significant transformations in response to globalization, the advent of information technologies, and so on, Japanese architects are once again engaging the city, and doing so in unique ways. This course on “City” will review the works of those architects who have attempted to conceptualize cities through their architecture and examine the changes over the last half century as well as the issues for the future. Fumihiko Maki, Itsuko Hasegawa, Riken Yamamoto, Kengo Kuma, Jun Aoki, and Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijima) visit their buildings to discuss the ideas behind their respective works.
日本語の必要語学レベル:指定なし
その他
建築・芸術
一般
日本語
東京大学
東大TV
東大TVは、東京大学で開催された多彩な公開講座や講演会を動画でお届けする、大学公式のウェブサイトです。 会員登録も費用も不要で、どなたでもご覧いただけます。 東京大学では、毎日新しい知が生産され、世界中の知が行き交っています。 この場で生まれた「知」を広く社会につたえ、還元することは、東京大学の社会的義務と考えています。 本学の研究・教育活動から生まれた多数のコレクションを、ぜひご自身の学びにご活用ください!
日本語の必要語学レベル:指定なし
単位・証明書
自然科学
学士
修士
博士
日本語
東京大学
東京大学MOOC
MOOC(Massive Open Online Course)は、インターネットを通じて配信される、無料または安価で受講できる大規模公開オンライン講座です。 世界中から集まる受講生は講義ビデオやテストなどを通じて学習を進めます。受講期間終了後、一定の成績を収めた合格者のうち希望者には修了証が発行されます。 オンライン講座を提供するプラットフォームとして Coursera、edX があり、東京大学では日本初の試みとして 2013年9月よりCourseraで2コースを提供して以降、これまでに全18コースを提供しています(2020年12月現在)。
その他
自然科学
学士
修士
博士
英語
東京大学
Learning Column
東洋大学Web体験授業
「Web体験授業」は、東洋大学全学部の授業を通して学問の魅力を伝える動画コンテンツです。
日本語の必要語学レベル:中級2(N2/B2)
模擬授業
自然科学
学士
修士
博士
日本語
英語
東洋大学
Words Spun Out of Images: Visual and Literary Culture in Nineteenth Century Japan
In their ambition to capture “real life,” Japanese painters, poets, novelists and photographers of the nineteenth century collaborated in ways seldom explored by their European contemporaries. This course offers learners the chance to encounter and appreciate behavior, moral standards and some of the material conditions surrounding Japanese artists in the nineteenth century, in order to renew our assumptions about what artistic “realism” is and what it meant. Learners will walk away with a clear understanding of how society and the individual were conceived of and represented in early modern Japan. Unlike contemporary western art forms, which acknowledge their common debt as “sister arts” but remain divided by genre and discourse, Japanese visual and literary culture tended to combine, producing literary texts inspired by visual images, and visual images which would then be inscribed with poems and prose. Noticing and being able to interpret this indivisibility of visual/literary cultures is essential in understanding the social and psychological values embedded within the beauty of Japanese art.
日本文化
伝統文化
一般
英語
東京大学
UTokyo OCW
UTokyo OCW(OpenCourseWare)とは、大学等で正規に提供された講義とその関連情報をインターネット上で無償で公開する活動です。 東京大学では2005年から活動を始め、東京大学の教育プログラムに従って提供されている正規講義の資料や映像を、東京大学の外の方々にも無償で提供しています。
日本語の必要語学レベル:指定なし
単位・証明書
自然科学
学士
修士
博士
日本語
英語
東京大学