リカレント教育:一般社会人対象

Organisational Data Science Course

Cambridge Judge Business School
University of Cambridge

短期留学4週間【夏期】【春期】

本コースは、ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールとの協力のもとに、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得に努めるコースです。データを通して世の中の構造について考え、社会に新しい価値観を築くことが目的であると学びます。

近年、社会や産業の活力を左右する要因の一つとして、データサイエンスや人工知能(AI)への理解や知識が「読み・書き・そろばん」的な素養として重視されるようになってきました。将来社会で活躍するためには、英語に加えてデータサイエンスの理解や知識を身につけておくことが重要になってきています。

今日のデジタル社会、デジタル経済においては、データに基づいた意思決定ができることは重要視されています。このプログラムは、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得を目指します。

データサイエンスは、プログラミングや統計、数学などの知識や技能を用いながら有意義なデータを引き出すことを目指す研究分野で、実践的な学びを経験します。

データサイエンスとは、Big data and Big issues, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等を活用し、データを用いて新たな科学および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチ、データにもとづいて合理的な判断を行い、的確な意思決定を導く手法を意味します。情報科学、統計学などを横断的に取り扱い、分野の専門知識、プログラミングのスキル、数学および統計の知識、データ分析など複数分野を組み合わせて、意味のある、有意義な本質を見抜くために必要な方法論であり、グローバルリーダーとなる資質の一つです。

世の中にあふれる膨大なデータの解析や分析を通して、社会や企業の課題を見出したり、解決方法を提案したり、情報通信や製造業、マスコミなど幅広い業種で活躍する「データサイエンティスト」の育成を目指します。

Rabbit-duck illusion の画像について、ウサギか、アヒルか、データを使って証明してみましょう!
分野
自然科学、工学、データサイエンス、教育、言語、国際関係、人文・社会科学、ビジネス・経営
コース責任者
赤石 眞澄
対象
一般
Consultants
Mid-level to senior HR professionals
Project managers
Directors and functional heads
Employee representatives 
受講料:5800 GBP
提供
ICC インターナショナル・コミュニケーションズ・カウンシルロゴ;
レクチャー
1レクチャー
オンデマンドビデオ
0本のオンデマンドビデオ
終了までの所要時間
1ヶ月
言語
日本語、英語
字幕
日本語、英語
日本語の必要語学レベル
指定なし
目的
講義履修、キャリアアップ
証明書
各コンテンツ提供機関からの受講証明
開始月
2月、3月、8月
公開期間
~
学習内容
講師
コンピテンシー
その他の情報
問い合わせ先

コース概要

course_image
    • 更新日
    • 2022-07-20
    • 開始月
    • 2月、3月、8月
    • 終了までの所要時間
    • 1ヶ月
    • 単元時間
    • 60分以上
    • 公開期間
    • ~
    • 配信方法
    • ハイブリッド
    • 受講制限
    • 先着順
    • 推奨環境
    • パソコン
キーワード
ハイブリッド、ケンブリッジ 大学、リカレント教育、短期留学、データサイエンス、一般社会人、夏期研修、春期研修、言語、人文・社会科学、定量的社会科学、ビジネス・経営、国際関係、教育、言語

学習内容

1
本コースは、ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールとの協力のもとに、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得に努めるコースです。データを通して世の中の構造について考え、社会に新しい価値観を築くことが目的であると学びます。

近年、社会や産業の活力を左右する要因の一つとして、データサイエンスや人工知能(AI)への理解や知識が「読み・書き・そろばん」的な素養として重視されるようになってきました。将来社会で活躍するためには、英語に加えてデータサイエンスの理解や知識を身につけておくことが重要になってきています。

今日のデジタル社会、デジタル経済においては、データに基づいた意思決定ができることは重要視されています。このプログラムは、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得を目指します。

データサイエンスは、プログラミングや統計、数学などの知識や技能を用いながら有意義なデータを引き出すことを目指す研究分野で、実践的な学びを経験します。

データサイエンスとは、Big data and Big issues, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等を活用し、データを用いて新たな科学および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチ、データにもとづいて合理的な判断を行い、的確な意思決定を導く手法を意味します。情報科学、統計学などを横断的に取り扱い、分野の専門知識、プログラミングのスキル、数学および統計の知識、データ分析など複数分野を組み合わせて、意味のある、有意義な本質を見抜くために必要な方法論であり、グローバルリーダーとなる資質の一つです。

世の中にあふれる膨大なデータの解析や分析を通して、社会や企業の課題を見出したり、解決方法を提案したり、情報通信や製造業、マスコミなど幅広い業種で活躍する「データサイエンティスト」の育成を目指します。

Rabbit-duck illusion の画像について、ウサギか、アヒルか、データを使って証明してみましょう!
リカレント教育:一般社会人対象Organisational Data Science CourseCambridge Judge Business SchoolUniversity of Cambridge 短期留学4週間【夏期】【春期】
本コースは、ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールとの協力のもとに、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得に努めるコースです。データを通して世の中の構造について考え、社会に新しい価値観を築くことが目的であると学びます。

近年、社会や産業の活力を左右する要因の一つとして、データサイエンスや人工知能(AI)への理解や知識が「読み・書き・そろばん」的な素養として重視されるようになってきました。将来社会で活躍するためには、英語に加えてデータサイエンスの理解や知識を身につけておくことが重要になってきています。

今日のデジタル社会、デジタル経済においては、データに基づいた意思決定ができることは重要視されています。このプログラムは、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得を目指します。

データサイエンスは、プログラミングや統計、数学などの知識や技能を用いながら有意義なデータを引き出すことを目指す研究分野で、実践的な学びを経験します。

データサイエンスとは、Big data and Big issues, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等を活用し、データを用いて新たな科学および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチ、データにもとづいて合理的な判断を行い、的確な意思決定を導く手法を意味します。情報科学、統計学などを横断的に取り扱い、分野の専門知識、プログラミングのスキル、数学および統計の知識、データ分析など複数分野を組み合わせて、意味のある、有意義な本質を見抜くために必要な方法論であり、グローバルリーダーとなる資質の一つです。

世の中にあふれる膨大なデータの解析や分析を通して、社会や企業の課題を見出したり、解決方法を提案したり、情報通信や製造業、マスコミなど幅広い業種で活躍する「データサイエンティスト」の育成を目指します。

Rabbit-duck illusion の画像について、ウサギか、アヒルか、データを使って証明してみましょう!

講師

コース責任者

プログラム ディレクター
アジアプログラム
ICCインターナショナル・コミュニケーションズ・カウンシル
哲学 比較文化学

 

在アメリカ合衆国日本国大使館企画部に勤務

オックスフォード大学専任講師

ケンブリッジ大学専任講師

ロンドン大学 SOAS 専任講師

ブリティッシュ・コロンビア大学専任講師

ICC インターナショナル・コミュニケーションズ・カウンシル プログラム ディレクター

スタッフ

コンピテンシー

リテラシー、論理的思考力、課題発見力、問題解決力、想像力、働きかけ力、実践力、状況把握力、コミュニケーション力、マネジメント力、チームワーク力、リーダーシップ力、国際性、主体性、柔軟性、倫理性、語学力

 

受講要件

日程(夏期)Course Code: CADS080822

事前学習(オンライン): 2022/8/8 ~ 2022/8/12
対面学習(オンサイト): 2022/8/15 ~ 2022/8/26
事後学習(オンライン): 2022/8/29 ~ 2022/8/30

留学費用 5,800 英ポンド / 1人(夏期)

申込期限:2022年7月8日(但し、募集定員を充足次第、申込受付は締め切ります。)

申込:http://icc-edu.com/entryform/form.php

※事前事後学習は同時双方向型オンライン(国内)、対面学習は英国 (ケンブリッジ大学) で実施されます。

 

日程(春期)Course Code: CADS270223

事前学習(オンライン): 2023/2/27 ~ 2023/3/3
対面学習(オンサイト): 2023/3/6 ~ 2023/3/17
事後学習(オンライン): 2023/3/20 ~ 2023/3/21

留学費用   英ポンド / 1人(春期)

申込期限:2022年12月27日(但し、募集定員を充足次第、申込受付は締め切ります。)

申込:http://icc-edu.com/entryform/form.php

※事前事後学習は同時双方向型オンライン(国内)、対面学習は英国 (ケンブリッジ大学) で実施されます。

 

 

募集要項

対象:一般社会人

留学先:ケンブリッジ大学

期間:短期留学(4週間) 

語学要件:IELTS 6.0 / TOEFL iBT 80- /  CEFR B2 相当値 (※推奨要件になります。スコア提出は必須ではありません。)

英語検定スコア表

Syllabus – Cambridge Organisational Data Science Course

最少催行人数: 5名

留学滞在形式:ケンブリッジ大学カレッジ学寮(個室)

下記は一例です。

https://www.fitz-events.com/sites/default/files/inline-files/Fitz_Events_Brochure.pdf

https://www.corpus.cam.ac.uk/conferences/conference-accommodation

 

評価方法

試験

プレゼンテーション

コース参加

教材・参考文献

3部構成の国際協働学習

コースは、ICTを活用し、オンサイト(対面)熟議とオンライン(同時双方向型)熟慮の両方の利点を組み合わせ、バランスのとれた3部構成の国際協働学習です。

                                                

1部: ZOOMによるオンライン講義
留学の事前学習をオンラインで実施します。

2部: 英国留学での研修
渡英し、現地で研修を受けます。

3部: ZOOMによるオンライン講義
帰国後、振り返り学習をオンラインで実施します。

  

その他の特記事項

留学費用について

短期留学(4週間 80時間授業)  5,800 英ポンド / 1人(夏期)(申込登録費 1,000英ポンド / 1人を含む)

短期留学(4週間 80時間授業)  英ポンド / 1人(春期)(申込登録費 1,000英ポンド / 1人を含む) 

留学費用に含まれるもの

1. 申込登録費 1,000英ポンド / 1人

2. プログラム費

  ① 学費(授業料および教材)(オンライン オンサイト)

  ② 宿泊費:ケンブリッジ大学カレッジ学寮(個室)トイレ、バスは共用です。

下記は一例です。

https://www.fitz-events.com/sites/default/files/inline-files/Fitz_Events_Brochure.pdf

 

https://www.corpus.cam.ac.uk/conferences/conference-accommodation

  ③ 食事:朝食、昼食、夕食【月曜日から金曜日】  朝食、夕食【土・日曜日】

  ④ Wifiアクセス

  ⑤ 課外活動参加費用(一部有料)

  ⑥ フェアウェル・ガラディナー (ドレス・コード:正装)

  ⑦ 社会文化研修ツアー(London, etc.)

  ⑧ ケンブリッジ大学 学生証明書(1年間有効)(パスポート用サイズの写真を2枚、持参してください。)

  ⑨ 留学修了証

  ⑩ 空港送迎専用バス(早朝、深夜の場合は有料)

 

留学費用に含まれないもの

1. 往復渡航費(航空機代)

2. 小遣い

3. 海外旅行傷害保険(参加者は海外旅行傷害保険に加入してください。)

4. 査証申請費用 (査証申請に必要な書類を発行いたしますが、本人ご自身が申請してください。)

5. 延泊費用、その他オプション                                                                                                       

     (例:ヨーロッパ文化遺産見学、パリ・ルーヴル美術館見学など企画は可能ですが、別途有料になります。)                                                                                                                                                                

問い合わせ先

icccontact@internationalcommunicationscouncil.com

japanoffice@internationalcommunicationscouncil.com

 

ICCアジア支部
〒651-1231 兵庫県神戸市北区青葉台16-1
TEL: +81 50-3821-2215