日本発のオンライン国際教育プラットフォーム

JV-Campusより配信する共同利用コンテンツ案の募集について(2023年1月13日〆切版)

更新履歴

2022.12.23

FAQを追加しました。事業経費の使途等、頂いたご質問の回答を記載しております。ご覧ください。

2022.12.26

FAQを追加しました。納品時期や経費処理等につき、頂いたご質問の回答を記載しております。ご覧ください。

2023.1.11

FAQを追加しました。新たに頂戴したご質問の回答を記載しております。ご覧ください。

平素より大学の国際化促進フォーラム事業JV-Campus(https://www.jv-campus.org/)へのご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

JV-Campus運営委員会(大学の国際化促進フォーラム)では、優秀な外国人留学生の確保に向けてはJV-Campusが日本の高等教育の国際的な玄関口として、オンライン教育コンテンツ(大学紹介等を含む)を配信し、「留学生増」「留学後教育」「留学啓発」等、日本人学生に向けては新たな留学環境の整備等、国際教競争力ある教育環境の整備を進め、日本の高等教育の国際化を支援するJV-Campusの構想を進めております。

 

この構想を加速化するため、大学及び高等専門学校を対象として、JV-Campus特設Boxを通じて配信される共同利用コンテンツ案を募集します。

応募いただいた案を、JV-Campus運営委員会にて「特設Boxに掲載に向けて開発をお願いするもの」、その中でもコンテンツ開発費を支援するものとに分けて、審議・選抜させていただきます。

 

動画でのご説明(共同利用コンテンツ案の募集に関する説明会:2022.12.19開催)

募集するコンテンツ概要

1.内容
JV-Campus特設Boxコンテンツ提供規約(別紙1)に同意の上、JV-Campusオンデマンドコンテンツ規格(別紙2)に合わせて作成し、JV-Campusの動画サーバーより配信するオンデマンドコンテンツ。使用言語は英語とすること(ただし、日本語と英語の両表記が望ましい場合にはこの限りではない)。

 

2.募集分野

(A) 日本文化(伝統文化、現代文化、伝統芸能、ポップカルチャー(マンガ・アニメ・音楽・映画など)、地域文化、伝統宗教、生活(衣食住など)、他)
(B) リテラシー関連(数理・データサイエンス・AI、キャリア形成、他)

 

3.募集コンテンツ形態と支援対象コンテンツ数

・1コンテンツ当たり、45分程度(15分程度の独立した3本のオンデマンドコンテンツ)(別紙2
・複数コンテンツをパッケージとして提供を考えられている場合であっても、全コンテンツを支援対象とできない場合があります。
・支援対象コンテンツは100コンテンツ程度を見込んでいます。
※1機関より複数コンテンツの応募が可能です。

 

4.開発支援額
1コンテンツに対し、その内容に応じて、50万円~200万円程度を支援

(A): 50万円

既存オンライン教育コンテンツを活用し、英語化したもの

(B): 130万円

新たにオンライン教育コンテンツとして作成したもの

(C):

(A)(B)に加えて、70 万円を上限に著作権処理に係る経費の一部
(※著作権処理に関しては別紙5参照)

5.選考について
応募いただいた案をJV-Campus運営委員会にて選考審議し、採用。

 

応募方法について

別紙3のコンテンツ応募フォームにご記入の上、筑波大学国際局(JV-Campus事務局)まで電子メールにてご送付ください。

 

送付先:筑波大学国際局(JV-Campus事務局)
メールアドレス:jv-campus★un.tsukuba.ac.jp

※上記の★記号を@記号に置き換えて下さい

 

募集締め切りと審査日程

画像

2023年1月13日(金)

コンテンツ案 募集締め切り

2023年1月中

JV-Campus運営委員会にて審査・決定予定

 

○開発支援費の支払と納品

2023年1月中に筑波大学国際室(JV-Campus事務局)を通じて採択機関へ連絡後、1月以降に支払いたします。2022年度中(2023年3月末迄)に納品ください。(別紙4

※やむを得ず、2022年度内の納品ができないものについては、2023年度に契約頂くこととなります。その場合、4月以降に支払いいたします。2023年8月31日までに納品ください。

 

○JV-Campus特設Boxでのコンテンツ公開

納品されたコンテンツは、JV-Campus運営委員会において審査し、審査完了後順にJV-Campus上に掲載していきます。

 

○JV-Campus特設Box規約(別紙1)の留意点

・JV-Campus特設Boxコンテンツ提供規約(別紙1)では、開発・提供いただいたコンテンツの権利は開発元に属す(第8条第1項)一方で、コンテンツは無料でJV-Campusにご提供いただく(第7条第1項)とともに、コンテンツの使用権はJV-Campusも所有します(第8条第2項)。JV-Campusでは、コンテンツ使用権を行使し、無料または有料の特別パッケージ(マイクロクレデンシャルプログラム等)を提供していきます。

・このことは、ご提供いただくコンテンツの使用権が各提供元から失われることを意味するものではありません。

・なお、今回の開発支援経費を受けて開発するJV-Campusコンテンツにおいては、JV-Campusが有料の特別パッケージを提供する場合においても、別途定めるコンテンツ利用料分配金※は配分されませんが、成績評価業務など必要経費は、特設Boxコンテンツ提供者に支払います(第7条第2項)。

※文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」の一環として、公費を投入し開発されたコンテンツには配分されません。(公費を使用せず、特設Boxに提供されたコンテンツには分配金を配分します)

・コンテンツ開発にあたっては、著作権の処理はコンテンツ開発元にて実施していただきます(別紙5)。

 

○JV-Campusオンデマンドコンテンツ規格(別紙2)の留意点

JV-Campus規格(別紙2)によるオンデマンドコンテンツ開発に必要な素材(フレームなど)は、JV-Campus側より採択後に提供いたします。

 

本件連絡先:筑波大学国際局(JV-Campus事務局)
メールアドレス: jv-campus★un.tsukuba.ac.jp

※上記の★記号を@記号に置き換えて下さい

 

本紙および別紙一覧(2022年12月13日発出)

本公募に関するFAQ

お寄せいただいたご質問に関する回答をまとめました。ご覧ください。