英国名門大学のプログラムに参加してみませんか?

Road to Oxford® Road to Cambridge®
ICC インターナショナル・コミュニケーションズ・カウンシルは、英国の名門、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、ロンドン大学を拠点に活動し、社会に開かれた大学、大学の活性化を任務としています。
これらの大学での研修および留学の窓口となり、数多くの方の留学をサポートし、国際理解教育促進事業に携わっています。
是非、世界に一歩を踏み出してください。

コース

検索結果:12
リカレント教育:一般社会人対象Organisational Data Science CourseCambridge Judge Business SchoolUniversity of Cambridge 短期留学4週間【夏期】【春期】
本コースは、ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールとの協力のもとに、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得に努めるコースです。データを通して世の中の構造について考え、社会に新しい価値観を築くことが目的であると学びます。 近年、社会や産業の活力を左右する要因の一つとして、データサイエンスや人工知能(AI)への理解や知識が「読み・書き・そろばん」的な素養として重視されるようになってきました。将来社会で活躍するためには、英語に加えてデータサイエンスの理解や知識を身につけておくことが重要になってきています。 今日のデジタル社会、デジタル経済においては、データに基づいた意思決定ができることは重要視されています。このプログラムは、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得を目指します。 データサイエンスは、プログラミングや統計、数学などの知識や技能を用いながら有意義なデータを引き出すことを目指す研究分野で、実践的な学びを経験します。 データサイエンスとは、Big data and Big issues, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等を活用し、データを用いて新たな科学および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチ、データにもとづいて合理的な判断を行い、的確な意思決定を導く手法を意味します。情報科学、統計学などを横断的に取り扱い、分野の専門知識、プログラミングのスキル、数学および統計の知識、データ分析など複数分野を組み合わせて、意味のある、有意義な本質を見抜くために必要な方法論であり、グローバルリーダーとなる資質の一つです。 世の中にあふれる膨大なデータの解析や分析を通して、社会や企業の課題を見出したり、解決方法を提案したり、情報通信や製造業、マスコミなど幅広い業種で活躍する「データサイエンティスト」の育成を目指します。 Rabbit-duck illusion の画像について、ウサギか、アヒルか、データを使って証明してみましょう!
一般
tag-Consultants
tag-Mid-level to senior HR professionals
日本語
英語
自然科学
工学
英国でのインターナショナル サマースクール2022年 夏
英国でのインターナショナル サマースクール開講場所 ① ロンドン大学 ロイヤルホロウェイ・カレッジ ② ロンドン・ グリニッジ大学 ③ レディング ブラッドフィールド・カレッジ ④ ブライトン大学  ⑤ コッツウォルズ ロイヤルアグリカルチュラル・カレッジ ⑥ ケント州ベネンデン・スクール ⑦ ウィンチェスター スパショルツ・カレッジ ⑧ エディンバラ ヘリオット・ワット大学 対象:10歳~17歳 レッスン:年齢別・英語のレベル別
高校生
中学生
小学生
日本語
英語
教育
言語
高校生対象:英語オリンピック於 オックスフォード大学
「高校生対象:英語オリンピックコース」は、イタリア、スペイン、ロシア、ギリシャ、モロッコ、ポルトガル、中国、イスラエル、トルコ、クロアチア、ブルガリア、カザフスタンなど世界各国から参集する同世代の青少年と寝食を共にし、インターナショナルな環境のなかで英語レッスンを受講・交流することにより国際性を養う。自国の文化を再認識し他国の文化への理解を深め、豊かな国際性を身につける「英語オリンピックコース」です。 コース開催場所となるオックスフォード大学は、近代国家成立以前から存在し、ある意味で国づくりの基盤的役割を果たしてきました。そこには、決して場当たり的ではない仕組み、国や社会の営みを支える哲学が根付いており、800年以上の歴史と伝統を築いてきました。時代の流れによって変わってはならないもの、変わらなければならないもの、次代を担う青少年が継承しなければならない原点となるものを、今なお、粛々と、伝えています。  「自由と規律」の英国の伝統的全人教育を体験し、自国および他国の文化の共通点、違いに対する理解を深め、自信と誇りを持って主体的に世界を牽引し、新しい時代を切り拓く発想力と冷静かつ大胆な思考力・リーダーシップを発揮できる人材が一人でも多く 生まれていくことを望みます。
高校生
日本語
英語
教育
言語
Cambridge Science Festival
ケンブリッジ・サイエンス・フェスティバルは、一般的に毎年3月に開催される「科学の祭典」です。 ケンブリッジ大学の研究者と学生は、講義室と研究所を一般に公開し、講演、展示会、デモンストレーションを開催します。 ケンブリッジ サイエンス フェスティバルの目的は、ケンブリッジ大学で行われた研究を紹介し、若者に科学と工学をより身近なものにし、工学のキャリアを追求するよう奨励することです。 ケンブリッジ サイエンス フェスティバルの4つの主なテーマは、科学、芸術、人文社会科学の部門において、「社会」、「健康」、「環境」、「発見」です。 「グローバル教育」― 視線を広く世界に向ける人材育成プログラム  ダーウィンの種の起源「進化論」、ニュートンの万有引力の法則、DNA発見者ワトソンとクリックの所縁の地など、世界の科学の発祥の地、科学の最先端をゆく「ケンブリッジ」を満喫! 生命科学の分野は多岐にわたり、医学から、農学、水産学、生物学、理学、心理学など、多くの学問分野が属する。物質科学に対する学問領域であると考えられがちであるが、生命科学と物質科学の境界は極めて曖昧模糊である。受講生は、自然科学という客観性を追求するテーマのもとに、ケンブリッジ市街にある大学博物館や大学植物園、自然博物館など、ケンブリッジ大学の様々な施設を利用、また、ケンブリッジ サイエンス フェスティバルに参加し、自然科学についての知識を深める。 自信と誇りを持って主体的に自らが世界を牽引し、新しい時代を切り拓く発想力・冷静かつ大胆な思考力・リーダーシップを発揮できる人材が一人でも多く生まれていくことを望みます。
高校生
中学生
小学生
日本語
英語
自然科学
生物資源・農学
ケンブリッジ オンライン プログラム グループ レッスン (各コース最少催行人数:5人) (8週間)
ZOOMによるオンライン グループ レッスン(同時双方向型) 開講コース  ① ケンブリッジ データサイエンス コース ② イングリッシュ コミュニケーション コース ③ インターナショナル ビジネス&キャリアコース ④ アカデミック イングリッシュ コース ⑤ ビジネス イングリッシュ コース ⑥ IELTS
学士
高校生
日本語
英語
教育
言語
イングリッシュ コミュニケーション コースケンブリッジ大学学術交流協定派遣留学プログラム (短期留学5週間)【夏期】【春期】
本コースは、グローバル社会においてリーダーとして活躍するために求められる専門的知識と技能を修得することを目的とし、コミュニケーション能力と異文化を受容する力、国際レベルで対等に自己表現する発信力、主体性と協調性を兼ね備えたグローバル人材育成コースである。 読む、聴く、話す、書くという四技能の高度な熟練に加えて、英語というツールを使って、グローバルリーダーとして、より的確な表現、よりインパクトを与える表現など、プレゼンテーションとしてのスキルの習得に努める。グローバルリーダーとして、物事の分析の仕方、説得力、ディベートの仕方、スピーキング、ライティングのプレゼンテーション・スキルなどを習得する発信型研修である。
学士
日本語
英語
教育
言語
高校生対象: オックスフォード大学 / ケンブリッジ大学 進学準備合宿
本サマースクール(合宿)には、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学への進学をめざす高校生(16歳~18歳)が世界中からオックスフォード大学 / ケンブリッジ大学に参集します。 本コースが意図することは、比類なき伝統と名声を誇り、秀逸を極める地位を保持してきたオックスフォード大学・ケンブリッジ大学がどのような人材を求め育成してきたか、これらの大学に求められる人材であるためにはどのような資質をもっていなければならないかを、世界から参集する受験生と共に学習し、進学に臨むことにあります。 オックスフォード大学、ケンブリッジ大学は近代国家成立以前から存在し、ある意味で国づくりの基盤的役割を果たしてきました。そこには、決して場当たり的ではない仕組み、国や社会の営みを支える哲学が根付いており、800年以上の歴史と伝統を築いてきました。時代の流れによって変わってはならないもの、変わらなければならないもの、次代を担う青少年が継承しなければならない原点となるものを、今なお、粛々と、伝えています。  今や、個々の力を伸ばす教育が求められています。多種多様な価値観で青少年の個性を生かし、個性豊かな才能や発想力が求められている時代です。本コースにはオックスフォード / ケンブリッジ大学への進学を臨む青少年(16歳~18歳)が世界各国から参集します。「自由と規律」の英国の伝統的全人教育を体験し、自国および他国の文化の共通点、違いに対する理解を深め、限りない将来に向かって第一歩を踏み出してください。
高校生
日本語
英語
教育
資格・試験
ケンブリッジ オンライン プログラム One-to-One 1対1 個人レッスン (8週間)
ZOOMによるオンライン 1対1 個人レッスン(同時双方向型) 開講コース  ① ケンブリッジ データサイエンス コース ② イングリッシュ コミュニケーション コース ③ アカデミック イングリッシュ コース ④ ビジネス イングリッシュ コース ⑤ IELTS
学士
高校生
日本語
英語
データサイエンス
教育
インターナショナル ビジネス・キャリア コースケンブリッジ大学学術交流協定派遣留学プログラム (短期留学 5週間) (中期留学 14週間) (長期留学 23週間)
本コースは、実学に優れているケンブリッジ大学の特徴を生かしたコースである。 ケンブリッジは、シリコン・フェンと呼ばれるイギリスにおけるハイテク産業の中心地の一つであり、ケンブリッジ大学ジャッジ ビジネススクール University of Cambridge Judge Business School は、世界のビジネスを牽引する人材を多く輩出している。 世界的な競争と共生が進み、グローバル化する現代社会では、複雑、不確実性がますます顕著になってきている。そのような社会に対応する資質として求められるのは、根拠のない直感ではなく、物事を理論的・客観的に評価する姿勢、高度な数学力に基づき科学的に評価する姿勢―リスクマネジメントする能力である。 多様な背景をもつ周囲に自分の考えを的確に伝える確かな語学力、および、異なる言語や文化的・歴史的な背景に由来する価値観や差異を乗り越えて、関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、課題を発見し、分析・解決する力を備えた人材育成コースである。
学士
日本語
英語
国際関係
ビジネス・経営
リカレント教育:一般社会人対象ケンブリッジ ビジネス イングリッシュ コミュニケーション コース 上級Cambridge Business English Communication (短期留学4週間)【夏期】【春期】
本コースは、既にビジネスの分野で活躍し、キャリアを積む一般社会人を対象にするビジネスイングリッシュ コミュニケーション コース(上級)である。 グローバルリーダーとなる資質の実用的要素としてのビジネスイングリッシュ、的確な語彙、フレーズ、発音、General EnglishおよびBusiness Communication Skills、実際のビジネス場面で経験する役割などについて、仕事に直結する場面を想定して、言語、行為について習得するコースである。 コースは、最先端をゆく技術とソフトウェアを駆使し、高いレベルのコースを展開する。 下記のビジネス場面のシナリオで使用するBusiness Communication Skillsの習得 • Team, Company & Board meetings • Negotiations • Product pitches • Marketing presentations • Financial reporting • Advertising campaigns • Human Resource planning • Trade fairs & networking events
一般
日本語
英語
国際関係
ビジネス・経営
ケンブリッジ データサイエンス コース Decision-Making Using Dataケンブリッジ大学学術交流協定派遣留学プログラム(短期留学 5週間)【夏期】【春期】(中期留学 14週間)【秋期】【春期】(長期留学 23週間)【秋期】【春期】
本コースは、ケンブリッジ大学数学部 University of Cambridge Faculty of Mathematicsとケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールとの協力のもとに、データを活用するために必要なツールの学習、スキルの習得に努めるコースです。 近年、社会や産業の活力を左右する要因の一つとして、データサイエンスや人工知能(AI)への理解や知識が「読み・書き・そろばん」的な素養として重視されるようになってきました。将来社会で活躍するためには、英語に加えてデータサイエンスの理解や知識を身につけておくことが重要になってきています。 政府がまとめた「AI戦略」では、すべての大学・高専生が初級レベルのデータサイエンスやAIを習得し、専門分野で応用できる力を身につけるという目標を掲げています。「情報I」は、データサイエンス・AIの基礎となる理数素養や知識を身につける役割を担います。 データサイエンスは、プログラミングや統計、数学などの知識や技能を用いながら有意義なデータを引き出すことを目指す研究分野で、実践的な学びを経験します。 データサイエンスとは、Big data and Big issues, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等を活用し、データを用いて新たな科学および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチ、データにもとづいて合理的な判断を行い、的確な意思決定を導く手法を意味します。情報科学、統計学などを横断的に取り扱い、分野の専門知識、プログラミングのスキル、数学および統計の知識、データ分析など複数分野を組み合わせて、意味のある、有意義な本質を見抜くために必要な方法論であり、グローバルリーダーとなる資質の一つです。 世の中にあふれる膨大なデータの解析や分析を通して、社会や企業の課題を見出したり、解決方法を提案したり、情報通信や製造業、マスコミなど幅広い業種で活躍する「データサイエンティスト」の育成を目指します。 Rabbit-duck illusion の画像について、ウサギか、アヒルか、データを使って証明してみましょう! 中期留学及び長期留学では、データサイエンスからデータエンジニアリングへと学習を進めます。
学士
日本語
英語
データサイエンス
ビジネス・経営
オックスフォード ディベート キャンパス オックスフォード大学短期留学 4週間Make yourself known to us!
オックスフォード・ディベート・キャンパス・コースは、同時双方向型オンライン事前・事後学習により距離を選ばず共に学び、対面ではオックスフォード大学が誇りとする、800年以上継承されている熟議教育による、次代を担うリーダーとしての資質養成コース、英語でのコミュニケーション力、論理的思考力を切磋琢磨するコースです。 コースの第1部ではAcademic English Writing Communicationに、第2部ではAcademic English Speaking Communicationに集中し、第3部では、次代を担うリーダーとしての資質であるPerspective, Integrity, Communication, Collaboration, Creativity を備えた、A global mindset のプレゼンテーションの演習です。 オックスフォード大学に集まった学生たちと、気候変動、ジャーナリズム、LGBTQ+、人種、SDGs、多様性など、グローバル社会における様々な問題を取り上げ学習します。現地学生との議論を通し、ディベートやプレゼンテーションの方法を学びましょう。
学士
日本語
英語
自然科学
教育

プログラム

検索結果:3
ケンブリッジ オンライン プログラム・One-to-One 1対1 個別レッスン・グループレッスン
一般
高校生
大学生
none
none
ケンブリッジ大学 留学プログラム
学士
一般
高校生
日本語
英語
データサイエンス
ビジネス・経営
オックスフォード大学 留学プログラム
学士
高校生
日本語
英語
自然科学
教育

多彩なオンライン教育と国際戦略コンテンツ

検索結果:5

留学生応援特別ボックスコンテンツ

検索結果:0