学びのアトリエ Society 5.0 人財の育成と輩出

学びのアトリエはJIGE加盟大学の許可を得た学生のみが受講できます

Design Thinking

STEAM デザインシンキング

UX DESIGN(ユーザエクスペリエンスデザイン)

ここでは、新たなデザインシンキングとして、STEAMに必要なクリエイティビティーとしてのデザインシンキングを学びます。 アトリエで実施するプログラムは、すべてグループワークで実施し、社会課題を解決することで実践していきます。中でもデータサイエンスと連動し、「データからのデザインシンキング」を新たに実施します。
一方で、ユーザエクスペリエンスデザインについても学び、 社会課題に直面しているユーザの分析を行い、人を中心とした社会課題の解決を行います。

Art & Entertainment

STEAM における ART

伝統と革新のはざま

STEAMにおける役割は、創造型のアプローチについて学習すると言うことになります。突然変異として生まれるような新しいアイディアや課題解決の方法は、繰り返しの学習によって、発見するヒントを身に付けることができます。このような繰り返しの学習を伝統と革新の 両方の観点から実施することで、アートやエンターテイメントからの様々な課題解決の方法を学んでいきます。もちろん、アトリエでは、日本の伝統芸能から現代美術までの学習も含まれており、楽しく創造的に何らかを解決すると言うことを目標にします。

Well-being

災害を凌駕する

社会との共生

このアトリエでは、従来のウェルビーイングよりもより様々な課題解決型のウェルビーイングを実践します。その1つとして、これまでに経験した災害から、災害前―災害―災害後の3つの時系列で、どのようなウェルビーイングを実現するかを考えていきます。
一方で、社会との共生により、どのように社会に対応するのか、あるいは社会との共存とは何かと言うことを考え、新たな課題解決を行っていきます。日常生活におけるウェルビーイングというよりかは、特殊な環境下におけるウェルビーイングを考えていくアトリエです。

Sustainability

ESGとサスティナビリティ

多様な観点からのサスティナビリティ

サスティナビリティは、最も注目すべき社会が最も注目すべき点であり、すべての課題において必要だと言える。ESGに代表されるように、環境、社会、統治と、それぞれの観点を統合しサスティナビリティに立ち向かっている。本アトリエでは、サスティナビリティと言うキーワードから考えられるすべてのものについて取り上げ、それらを解決すべきプログラムを実施する。このアトリエは、フィールド型のアトリエであり、キャンパスを飛び出し、社会に入り込むことによって課題を発見し、それらを解決することを目標にする。

Skills for Society 5.0

DXと社会

メタバース

テクノロジーの進化により、様々なことが簡単に実現できるようになっている。一方で、そのからくり(システムやソフト)の多くが、「わからない」と言うのも事実である。本アトリエでは、このようなあまり普段関わることがないテクノロジーについて学ぶとともに、それらをスキルとして習得し、様々な社会課題の解決に実践的に利用できるようにすることを目標とする。 他のアトリエとは異なり、スキル習得を目標としたアトリエであり、プログラミング、データベース分析、データビジュアライゼーション、あるいはテクノロジーについて理解することを目的とする。

PREP-Room

日本語コミュニケーションPREP-ROOM

英語コミュニケーションPREP-ROOM

PREP-Roomは、JV-Campusのアトリエサイト上に掲載される、MCPのモジュールを履修するために必要な英語・日本語コミュニケーションスキルアップを行うモジュールラインアップがあるスペースです。

Course
Information

javascript:void(0);

コース履修証明発行(デジタルバッジ)案内

短期・中長期海外留学プログラム紹介