分野 | 自然科学

  • Learning

東日本大震災の教訓を活かした実践的防災学へのアプローチ

東日本大震災の経験と教訓を踏まえ、また多発する国内外での自然災害の発生を受けて、自然災害対策・災害対応策や市民・社会の自然災害への処し方そのものを見直す必要がある。社会での変貌の中、災害や影響自体も変化しており、様々な災害の被害軽減に向けて社会の具体的な問題解決を指向する実践的防災学の礎を築くことが重要である。 その基礎となる災害科学は、事前対策、災害の発生、被害の波及、緊急対応、復旧・復興、将来への備えを一連の災害サイクルととらえ、それぞれのプロセスにおける事象を解明し、その教訓を一般化・統合化することである。 本講座では、東日本大震災における調査研究、復興事業への取り組みから得られる知見や、世界をフィールドとした災害科学研究の成果を社会に組み込み、複雑化する災害サイクルに対して人間・社会が賢く対応し、苦難を乗り越え、教訓を活かしていく社会システムを構築するための試行を紹介する。

Content/学習内容

Staff/スタッフ

    • 講師
    今村 文彦
    東北大学 災害科学国際研究所
    教授
    • 講師
    後藤 和久
    東京大学 大学院理学研究科
    教授
    • 講師
    佐藤 翔輔
    東北大学 災害科学国際研究所
    准教授

Contact/お問合せ先

東北大学オープンオンライン教育開発推進センター
Email: secretary.mooc@grp.tohoku.ac.jp

Related Contents/関連コンテンツ

コンテンツ

アフリカ研究最前線『出会う』 第4回「ゴミをまく人びとに出会う」大山 修一(京都大学アフリカ地域研究資料センター 准教授)
  • Learning
無料
On Air
Short Lecture② [Thermal Adaptation of Buildings and People for Energy Saving]
  • Learning
無料
On Air
Short Lecture④「Global Scale Innovator Program for Sustainable Society」
  • Learning
無料
On Air
特別講演③「日本における異文化コミュニケーションの課題と展望」
  • Learning
無料
On Air